沿革

  • 歴史の始まり
  • 成長への足がかり
  • 成長と発展
  • 安定と充実
  • 第二の創業をめざして
  • グローバル市場への進出
 
  • 1958年

    松村石油(株)から研究開発部門が分離独立し(株)松村石油研究所を設立
    【社是】
    (1)需要家に応じて
    (2)油の設計
    (3)石油特殊製品

    R&D

    高真空ポンプ油を開発
    エアフィルタ-油を開発
    石油系作動油を開発
    アルミ圧延油を開発

     
  • 1959年

    本社・西宮工場完成
    真空蒸留装置完成
    流動パラフィン精製装置完成

    R&D

    防錆油を開発
    熱処理油を開発

    西宮本社・工場 高真空蒸留装置
     
  • 1960年
    王子精機工業(株)と遠隔自動操舵用作動油ハイドール50Dを共同開発
     
  • 1961年

    R&D

    流動パラフィン生産

     
  • 1962年

    R&D

    石油スルホネ-ト生産

     
  • 1963年

    第1研究棟、混合製品調整室完成

    R&D

    水グリコ-ル型難燃性作動液を開発

     
  • 1964年

    日本曹達(株)会津でスルホン化装置の試運転開始
    三菱商事(株)、日綿実業(株)と流動パラフィンおよびスルホネ-トの販売提携

    R&D

    切削油、研削油を開発
    切削油添加剤を開発

     
  • 1966年

    千葉工場完成

    R&D

    国産初のSUS350流動パラフィンを開発
    コンプレッサー油を開発
    石油系耐磨耗性作動油を開発

     
  • 1969年

    本社工場スルホン化装置完成

     
  • 1970年

    千葉工場スルホネ-ト加工装置完成

     
  • 1971年

    東京事務所開設

    R&D

    NC工作機械用作動油を開発
    乳化廃水処理剤を開発

     
  • 1972年

    流動パラフィン製造を千葉工場に集約

    R&D

    ダイカスト用油剤を開発
    耐熱性真空ポンプ油を開発

     
  • 1973年

    MORESCO製品の販売強化を目的とし(株)マツケン設立
    合成真空ポンプ油製造装置完成

    R&D

    合成真空ポンプ油を開発

     
  • 1975年

    R&D

    耐磨耗性水グリコ-ル型難燃性作動液を開発

     
  • 1976年

    東京事務所を東京支店に昇格

    R&D

    ホットメルト接着剤を開発

     
  • 1977年

    第2研究棟および製品倉庫完成

     
  • 1978年

    総合商標”MORESCO”登録

    R&D

    精製流動パラフィンを開発

     
  • 1979年

    R&D

    高温用潤滑油を開発

     
  • 1980年

    名古屋出張所開設(現名古屋営業所)

     
  • 1983年

    合成スルホネ-ト製造装置完成

    R&D

    耐放射線性潤滑油、グリ-スを開発
    合成スルホネ-トを開発

     
  • 1986年

    赤穂工場第1期工事完成(ホットメルト生産設備)

     
  • 1990年

    赤穂工場第2期工事完成(潤滑油生産設備)
    小山営業所開設

    R&D

    紙おむつ用ホットメルト接着剤を開発
    バイオスタティック型水溶性切削油を開発
    SUS40流動パラフィンを開発
    長寿命水グリコール型難燃性作動液を開発

     
  • 1992年

    潤滑管理技術部門を分離・独立、(株)モレスコテクノ設立

     
  • 1994年

    物流サービスの強化を目的に(株)モレスコサービス設立

     
  • 1995年

    海外生産拠点としてMORESCO(Thailand)Co., Ltd. 設立

    Thailand
     
  • 1996年

    R&D

    化粧品用流動パラフィンを開発

     
  • 1997年

    R&D

    ハードディスク表面潤滑剤を開発

     
  • 1998年

    台湾の徳淵企業股份有限公司とホットメルト接着剤の製造販売に関する契約締結
    ISO9000認証取得

     
  • 2001年

    本社・研究センター完成(本社、神戸に移転)
    赤穂工場増設完了(潤滑油生産設備)
    MORESCO(Thailand)Co., Ltd. 新工場完成
    中国に合併会社、無錫德松科技有限公司設立
    ISO9001へ移行
    モレスコ本町ビル完成、大阪支店移転

    神戸本社
     
  • 2002年

    大阪支店にカスタマーセンター設置
    無錫德松科技有限公司の新工場完成

    R&D

    ホットメルト接着剤のパッケージレス新製品を開発

    無錫德松
     
  • 2003年

    JASDAQ市場へ株式上場
    増資により資本金3億76,500,000円

    R&D

    合成系水溶性切削油を開発
    促進酸化廃水処理装置を開発

     
  • 2005年

    増資により資本金7億44,403,200円
    名古屋営業所移転

     
  • 2006年

    ISO14001認証取得
    MORESCO USA Inc. 設立

     
  • 2007年

    増資により資本金13億10,003,200円
    九州営業所開設

     
  • 2008年

    東京証券取引所第二部へ上場

    R&D

    ホットメルト新包装システム(エクセルコート)を導入

     
  • 2009年

    無錫松村貿易有限公司設立
    9月1日 社名を株式会社MORESCO(英文表記:MORESCO Corporation)に変更

     
  • 2010年

    莫莱斯柯花野圧鋳塗料(上海)有限公司を連結子会社とする
    エチレンケミカル(株)の株式を取得し、持分法適用会社とする

     
  • 2011年

    増資により資本金15億25,928,200円
    2月14日東京証券取引所第一部へ指定替え
    PT.MORESCO INDONESIA設立
    エチレンケミカル(株)の株式を追加取得し、連結子会社とする

    INDONESIA
     
  • 2012年

    PT.MORESCO MACRO ADHESIVE設立

    MACRO
     
  • 2013年

    増資により資本金20億90,578,200円

     
  • 2014年

    天津莫莱斯柯科技有限公司設立

    MACRO
     
  • 2015年

    東京支店を汐留に移転
    本社・研究センターに第2研究棟を設立

    MACRO
     
  • 2017年

    連結子会社である株式会社モレスコサービスを吸収合併

     
  •