トップメッセージ

小さくとも世界にきらりと光を放つ企業を目指して 代表取締役社長 赤田 民生

1958年、当時は輸入品が主力であった特殊潤滑油を国産化すべく、若い研究者たちによって設立された(株)松村石油研究所(2009年、(株)MORESCOに社名変更)は高真空を必要とする産業向けの高真空ポンプ油、鉄鋼、自動車産業に使用される難燃性作動液、化粧品の原料となる、極めて安全性の高い流動パラフィンなどの製品を相次いで開発し、わが国経済の担い手であった主要産業に提供してまいりました。これらの創業期の製品は時代の要請に応えて改良が加えられ、現在もなお国内のトップシェアを維持し続けています。

研究開発型企業を目指すMORESCOはその後も自動車部品加工向けの水溶性ダイカスト用油剤や環境にやさしいホットメルト接着剤を事業化し、また独自の合成技術でもってオンリーワンの合成潤滑油を生み出しました。特に、ホットメルト接着剤は紙おむつなどの衛生材料向けで成長するとともに、合成潤滑油は自動車の高温箇所で使用される高耐熱グリスのベースオイルやハードディスクの表面潤滑剤などのニッチな分野で活躍し、世界のトップシェア製品に成長いたしました。

一方で国内自動車産業の海外進出を機会に、1995年には初の海外現地法人をタイに設立し、その後、中国、北米、そしてインドネシアなどの地域で生産拠点や販売拠点を設け、グローバル企業となるための土台づくりを着実に進めてまいりました。

そして今、MORESCOは「水と油と高分子のスペシャリスト」として「環境関連分野」「情報関連分野」「エネルギーデバイス分野」に向け、これまで培ってきたブレンド技術や合成技術の融合による新製品開発にチャレンジし、世界中の人々や企業に喜んでいただける“ものづくり”と“サービス”の提供に取組んでいます。

MORESCOは、今日まで私たちを支えてくださった株主の皆様、お客様、地域社会をはじめとする多くの皆様への感謝の気持ちを忘れず、世界にきらりと光を放つ企業を目指して日々努力を続けてまいります。