直近の実績

ia 01 2019

国内及び東南アジアにおける堅調な自動車生産に加え、新製品である水溶性少量塗布型離型剤の拡販により、特殊潤滑油は好調に推移。素材では、原材料価格の上昇に伴う販売単価の値上げにより売上は前期を上回りました。一方でハードディスク表面潤滑剤の出荷減少もありましたが、売上高は前期比3.2%増となりました。

ia 02 2019

原油、ナフサ市況に連動した原材料価格の上昇に加え、研究開発費や人件費の増加により、経常利益は前年を下回りました。

ia 03 2019

中国では、自動車生産台数の減少で特殊潤滑油は減収となりましたが、ホットメルト接着剤の拡販により売上高は前年を上回りました。東南アジアでは自動車生産台数の伸びによりDC油剤は好調に推移、ホットメルト接着剤も堅調に推移しました。アメリカでは、熱間鍛造油剤が減少しましたが、海外売上全体では前年をやや上回りました。