成長戦略

MORESCOは、「オンリーワン製品の開発」、「積極的なグローバル展開」、「製造技術の革新と品質保証」、
「人材育成」
を基本戦略とし、「小さくとも世界にきらりと光を放つMORESCOグループ」として更なる成長を目指します。

成長戦略1 オンリーワン製品の開発

「環境関連分野」、「情報関連分野」、「エネルギーデバイス分野」の3分野に重点をおき、世界に通用するオンリーワン製品、高付加価値製品の開発に挑戦します。

is 02 01

成長戦略2 積極的なグローバル展開

MORESCOは、自動車関連や衛生材料分野などで今後とも高い成長が見込まれる中国、タイ、インドネシアやベトナムなどの新興国に対して、特殊潤滑油、ホットメルト接着剤などの事業を積極的に展開しています。自動車産業の海外進出加速にともない、中国では現地販売ネットワークを整備し、日系、欧米系や中国系企業への販売を強化しています。また、市場ニーズの変化に対して迅速な対応を更に充実させるため、現地での開発力を強化し、地域密着型の製品開発と顧客サービスをタイムリーに行うことによりシェアアップを図ります。

一方、引き続き魅力度の高い北米市場においても販売ネットワークの充実に加え、製品の改良、開発、顧客サービスができる体制を充実し、市場開拓を推進します。更に、この延長としてメキシコを足がかりに、将来の成長が期待できるブラジルへの進出も視野に入れた取り組みを進めてまいります。衛生材料向けホットメルト接着剤分野では、高い経済成長が続き、人口、出生率の高いインドネシアを中心に、東南アジアへ展開を進めて行くとともに中国市場への展開も平行して進めてまいります。

 

成長戦略3 製造技術の革新

 

国内外の需要家から寄せられる品質とコストに対する要求はますます厳しい環境となっています。MORESCOはこのような市場の要請を製造技術革新のチャンスととらえ、発想の転換による生産プロセスの革新により品質の向上とコスト競争力を強化します。一方で当社製品群は特殊な製法を必要とする製品が多いことから突発的な自然災害による打撃を受けた際の迅速かつ最適な対応力が重要です。当社では国内外の製造技術の高度化、共通化を進めることにより緊急時のバックアップ体制を整え、お客様に安心して使っていただける「ものづくり」を提供してまいります。

 

成長戦略4 人材育成

 

現事業の継続、グローバルな事業展開、新事業などを進めていく上で人材育成は重要な課題です。MORESCOでは日常のマネジメントのなかで社員の育成を図って行くとともに、新人・中堅社員・管理職等の階層別研修においてグローバルに通用するコミュニケーション・リーダーシップ・マネジメントなどの能力向上カリキュラムを組み込み、総合力の高い企業集団作りを目指しています。

また、海外子会社の人材を充実させるために若年層を対象とした海外短期留学やMORESCOの海外子会社を活用したOJT研修にも積極的に取り組むと同時に、外国人の採用や日本での育成研修などにも積極的に取組み、次代を担う人材の育成を進めています。