廃水処理剤・装置 よくある質問集

#20を入れてもフロックが出来ないのですが、どうすればよいですか。

pHを調べてください。酸性やアルカリ性が強いとフロックになりません。
pHは7~8に調整してください。
また#20の添加量が不足していないか調べてください。

処理装置はどの様なものが良いでしょうか。

バッチ処理ならモレスコノンオイルシステムを、おすすめします。
連続処理では加圧浮上装置をおすすめします。
二次処理も活性炭、生物処理、促進酸化等ご要望の水質まで対応します。

処理した水に有害物質が残ることはありませんか。

エマルジョンブレーカーを使って有害物質が溶け込むことは全くありません。
安全な原料を厳選してあります。また水道水の浄化に使う薬品規格(日本水道規格)に合格します。

#20の使い方を教えてください。

#20は殆どの乳化廃水を処理できます。
規定量を計量して入れてください。

#3の使い方を教えてください。

最近の水溶性切削油剤や脱脂剤は安定性を増すために活性剤を多く使っていますので、これを吸着するために前処理剤として使います。

エマルジョンブレーカーによって何が除去できますか。

油分が除去できますが、COD,BODもある程度除去する能力があります。

水溶性切削油なら全部処理できますか。

全て完全とは言えません。ある程度処理できるのはエマルジョンタイプです。
ソリュブル、ソリューションタイプ等では、COD成分が残るものが多くあります。

廃水に浮いている油は取れますか。

少しなら#20で取れる事もありますが、多い場合は油吸着剤で吸い取るかオイルスキマーを使って回収してください。その方が薬剤量が少なくてすみます。

廃油に水が入って濁っているのですが処理できますか。

エマルジョンブレーカーはあくまでも水処理剤で、油処理剤ではありませんので、処理できません。 水中に含まれる油分濃度は3~5%が限界でしょう。

廃水処理できるかどうかの判断はどうしたらよいのでしょうか。

一番良いのはサンプルを採って弊社に提出していただく事です。
1Lの廃水サンプルがあればテストを行い、処理結果報告書を提出させていただきます

どのような特長がありますか。

第一に高い濃度の廃水でも希釈しないで処理できる点です。
第二に油分が多い廃水に対しては他の処理剤に比べると添加量が少ないといえます。