水グリコール系難燃性作動液からのグリコール水抽出

2015年10月01日

水グリコール系難燃性作動液(以下、水グリ)は、製鉄設備やダイカストマシンなどの溶けた金属を扱う油圧設備において、火災を防ぐために使用されます。しかし、水グリは水溶性であるため、排水に混入したときの処理が非常に難しく、入替によって発生した使用済みの水グリは、廃液処理業者に依頼するしかありませんでした。
当社では使用済みの水グリから劣化していない成分だけを抽出し、再び水グリの材料として用いる技術を開発しました。具体的には蒸留を利用した技術ですが、ただ単に蒸留しただけでは、使用によって発生している劣化物も蒸発分に混入してしまうため、劣化物の混入を防ぐための工夫をしています。この技術を用いることによって、お客様の廃棄物削減に貢献します。国内水グリトップメーカーとして長年この課題に取り組んできましたが、2015年4月からようやく正式運用を開始でき、すでに多くのお客様にご好評をいただいております。
使用済みの水グリについてはお客様での入替時に販売店(松村石油)が立ち会い回収しますが、利用できる水グリには一部制限があります。詳しくは松村石油株式会社までお問い合わせください。

recycle